アーユルチェアー 感想

ayuruchair

僕のアーユルチェアの感想 椅子に座ると腰が痛かった。。

パソコンを使う仕事をしています。一日中、椅子に座って作業することが多いので、
どうしても腰が痛くなります。

 

これは椅子が悪いのだろうと、結構高い椅子を買ってみたりしたのですが、腰が痛いのは
治りませんでした。。

 

そんな時に、雑誌でアーユルチェアー(ayur chair)という骨盤を整え正しい姿勢に導く椅子が
あることを知りました。

 

説明によると、イスというものは、そもそも欧米人向けに作られているので、日本人が座ると
姿勢が崩れるのが当たり前だそうです。

 

そこで、このアーユルチェア(ayur chair)は、日本人の特性に合わせたので、坐骨が立って姿勢が整うので、腰が痛くなくなりますよ。といった説明が書いてありました。
詳しいことは、公式ページを見てみてください。写真付きでわかりやすいです
ayur chairの説明はこちらから

 

 

NHKや雑誌のBOSSで紹介されるなど結構評判は良いみたいですが、5万弱するので、
どうするか迷っていたら、2週間のお試しセットがあったので、さっそく申し込んでみました。


お試しのアーユルチェア(ayur chair)が届いた。

さっそく申し込んだのですが、お試しを申し込む人が多いそうで、3週間ほど待たされましたが、ようやく届きました^^

 


↑↑
(届いたところです。)

 

組み立ては簡単で、5分ほどで組み立て完了。

 

椅子は座るところが二つに割れていて変な感じです。
両足を広げて座るというちょっと変わった座り方が説明書に書いてあります。

 

それで、座った見た所、背筋がすっと伸びた感じがします。よく骨盤を立てなさいと聞くことが多いのですが、こういうことなのかと体感できてよかったです。これは不思議ですけど、すごいですね〜。

 

それで、2週間お試しできたので、この椅子に座ってパソコン作業をしてみました。
私の場合は、30分くらい座ると、お尻が痛くなってつらかったです。。
これは、慣れが必要みたいで、1週間くらいで慣れてきました。

 

どうしてもつらい人向きには、専用クッションも売っているので、私はあとで買おうと思います。

 

それで、アーユルチェア(ayur chair)から普通のイスに座りかえたのですが、坐骨を立てる感覚が
わかったので、普通のイスでも姿勢よく座れました。
会社に行っても、最近姿勢よくなったねと言われるので、実際に姿勢が良いみたいです。

 

一番興味のあった腰痛には、かなり効果があります。いつも3時間くらい座ると腰が痛くてつらかったのですが、この椅子に座っているとあまりいたくありません。変な形のイスですけどすごいですよこれ。。。

アーユルチェアの購入と1週間の無料お試しについて

無料お試しが届くのに結構時間かかるので、いきなり買ってもよいかなと個人的には思います。
アーユルオクトパス(コンパクトレッグ)というのがスタンダードで49,680円(税込)です。

 

ちょっと高いですけど、腰が痛いのが結構良くなるので、本当に悩んでいる人にとっては、良い投資じゃないかなと思います。

 

でも、高いので、お試ししたいという方は、1週間の無料お試しに早めに申し込んだ方が良いと思いますね。
無料お試しはアンケートに必ず答えないといけないと言われてめんどくさそうだったのですが、1分くらいでできる簡単なものでした。

 

こういうお試しは、試して買わないと、営業の電話とかガンガンかかってくるとめんどくさいな・・・と
思っていたのですが、僕の場合、購入するまで3か月くらい期間が開いたのですが、
その間、何も営業の電話とかなかったです。

 

商品に自信があるのか、こういう営業姿勢ってよいですよね。下町ロケットみたいです(笑)
お試し後の購入率が80%らしいので、自信があるということでしょうか。

 

アンケートを見てみても腰痛に関しては90%くらい改善しているので腰痛に悩んでいる方にも良いし、
姿勢が良くなることで子どもの集中力もつく椅子みたいです。

 

公式ページには腰痛によいメカニズムの説明が書いてあるので、気になる方はその辺りを詳しく見てみてくださいね。

 

 

 

⇒アーユルチェアayur chairの公式ページはこちらから

 

 

 

 

 

私が以前やっていた腰痛対策のイスの体験談です。

腰痛持ちの私は、職場で使うオフィスチェアに、自前のものを使用していました。
そんな私は、オフィスチェアを選ぶ際に、腰に負担がかからないオフィスチェアとはどんなものだろうかと、真剣に考えました。
そこで私は、インターネットでオフィスチェアに関する情報を集めてみたのですが、その中でいくつかの有用な情報を発見することが出来たのです。
私がまず注目したのは、ランバーサポートというパーツでした。

 

ランバーサポートとは、椅子の背もたれに付けられた、腰椎を支える役目を持つパーツです。
このパーツがついていることで、腰への負担はかなり軽減できるのですが、このパーツは稼働させられなければ、その効果を発揮することは出来ません。

 

使用者の腰椎に合わせてランバーサポートを動かせるチェアを選ぶことが、腰への負担を大きく減らすことにつながるのです。
この他に、私はチェアの着座部分にも注目しました。
最近は、着座部分にメッシュタイプを採用したオフィスチェアが流行っているようです。

 

しかし、腰痛のことを考えると、着座部分には布を使用したタイプの方が良いのだと、ネットの情報で知りました。
というのも、冬場は布タイプの方が暖かく、腰に優しいようなのです。

 

最終的に私は、ランバーサポートが稼働できて、着座部分が布タイプになっているオフィスチェアを選びました。
おかげで、腰痛は悪化せず、快適に仕事することが出来ていたのです。

 

ただ、今はアーユルチェアを見つけ、正しい姿勢で仕事をすることができるようになりましたので
ランバーサポートとかなくても大丈夫ですね(>_<)

 

公式ページも書いてあるのですが、ランバーサポートは西洋的な人のイスの仕組みです。
日本人には結局合わないような気がしています・・・。
一瞬はよいのですが、根本的な解決にならない気がします。

 

総合的には、坐骨で座るというアーユルチェアの考え方って斬新だよなと思いますね。